だっておたオヤジだからしょうがない

おたオヤジの与太話です(笑。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らない人の為のおたく語講座 「萌え」編

第2回はやはり「萌え~」でしょ(笑。

ある好きなキャラや人物、ものに深い愛情を抱く事で、「○○ちゃん萌え~」 などと言います。

まぁ、「性欲を伴わない狂おしいほどの愛情」…あたりが意味として妥当でしょうか
(いや~ん)。

その語源ですが、これもまた古くから使われてまして、
取りあえず 1993 ~ 95年あたりから、「パソコン通信」 など主にネット上で急速に広まった言葉です。
その頃ちょうど「ときめきメモリアル」と言うゲームが大ヒットしており、その影響もあったと考えられます。
ときめも


それではなぜ「萌え」と表記するようになったか。
これには諸説ございまして、私がこれから述べる事が正解かは
正直わかりません(^_^ゞ

語源の有力な説としては、全60話に渡ってNHK教育テレビ「天才てれびくん」(以下 天テレ)内で放送されたアニメ「恐竜惑星(1993年4月5日 ~ 94年1月27日)に登場するヒロイン「萌」に対して、熱心なファンが抱く「ロリコン」感情から出た…と言う説があります。
番組中では、この萌ちゃんがピンチになると、ヒーローである少年が
「萌ぇ~!」と名前を叫ぶのですが、これをファンが真似たのが、直接的なルーツの1つだと言われています。
恐竜惑星


正直、何だかなぁ~です(笑。

ちなみにこの「恐竜惑星」、子役が数多く出演する事からロリコン趣味な人の視聴率が高い「天テレ」内での放送であった点もさることなら、もう一つ語源たりえる重要なポイントがあります。
と言うのは、これまでの一般的なアニメ作品と異なり、普通のセルアニメと 3D コンピュータグラフィックス、さらに実写までを混在させて画面を作っていた、ある意味で非常に実験的な作品だったんですね。

さらに萌ちゃんはアニメ、少年は実写だったのですが(たまに世界を行き来して入れ替わりもしました)、この「現実の男がアニメの少女と一緒に…」ってな状況は、その後の美少女アニメ・ゲームファン、
いわゆる「おたく」が
頭の中で思い描く「理想的な生活」を一歩先取りして視覚化していたとも言える訳で、
その意味でも語源たりえる訳です。

ちなみに他の説としては

「ふぁんろーど」説

「太陽にスマッシュ」説

などいろいろあります。

ようは「パソコン通信の間で発生した誤変換がもたらした産物」
てーのが究極の所かも知れません。


どうでしょ、参考になったでしょうか?
まぁ、こんな事は検索すれば星の数ほど出てくるでしょうから、
私が言わなくてもいいんでしょうがね(笑。

スポンサーサイト

知らない人の為のおたく語講座 「おたく」編

まずは大元の「おたく」です。

「オタク」「ヲタク」と表記してたりしますが、
正確にはひらがなで「おたく」と表記するのが正解です。


俗に,特定の分野・物事を好み,関連品または関連情報の収集を積極的に行う人。狭義には,アニメーション・ビデオ-ゲーム・アイドルなどのような,やや虚構性の高い世界観を好む人をさす。

とされますが、これも語源からすれば正しくないです。

その語源は1980年代に、「東京おとな倶楽部」という
ミニコミ誌を主宰する中森明夫という人が作った
「ロリコンアニメファン」を蔑視するための造語です。
ですから、元々の対象は、いわゆるアニメおたくが対象の言葉です。

この中森明夫氏の高校時代のクラスメートに
「理科の実験と、合唱コンクールでしかイニシアチブが取れない男」
がいたんだそうです。
このクラスメートは相手の事を「おたくはさぁ・・」
と言っており、「おたく君」と呼ばれ、変人扱いされていたの
だそうです。
これをロリコンアニメファンを罵倒するにあたり、
「おたく族」と表したのが始まりのはずです。

いまいち自信なし(^_^ゞ
何せ私の記憶が頼りですから(笑。

その頃やはり相手の事を「おたく」と呼ぶ人が多かったですね。
その当時、「超時空要塞マクロス」がはやってて、

マクロス


主人公の「一条輝」が相手の事を「おたく」と言ってたのが
影響してたんでしょうかね~(笑。

以上、うんちく込みのおたく語講座でした。
また次やるぞー(笑。









ご挨拶です。

ども、このブログの管理人の右ハンドルと申しますm(_ _)m

基本は日記ですが、多趣味のためいろいろ話が飛びますので
よろしくお願いします。

それでは今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。